グルメ 本文へジャンプ
旅美人nonでは、宿選びだけでなく、昼食にもこだわりを持ています。美味しい郷土料理を食するのも楽しい旅の大切な要件です。

トップページへ
ご当地自慢のお店です。味よし、雰囲気よし、価格よしの3拍子揃っています。

農家レストラン 土風里(宮城県大崎市)

古民家を再生したレストランで季節の野菜、山菜を使った田舎料理と宮城県産ひとめぼれで作った「どぶろく」を味わえます。
 

 

楢下宿 丹野こんにゃく番所(山形県上山市)

これも蒟蒻なのかと目を疑ってしまういろんな種類、味のコンニャク料理。よくぞここまで創意工夫して作られたものかと感嘆の言葉が止まない。「たかがこんにゃく、されどこんにゃく」の心境です。
 

 

西洋料理 明治の館(栃木県日光市)

明治時代の面影を残す石造りのレストラン。閑静な庭園とレトロなインテリアに囲まれ優雅な雰囲気で西洋料理やケーキを楽しめます。おすすめは、卵たっぷりのオムライスとチーズケーキです。
 

 

そば処 中野屋(新潟県南魚沼市)

つなぎにフノリ(海藻)を使用づることによりツルツルとした食感と強いコシの蕎麦ができるあがるそうです。「へぎ」という蕎麦を盛る器に何人前もの蕎麦が盛られてきます。新潟の代表的郷土料理(へぎそば)です。
 


かま炊きこめや こめ太郎(新潟県南魚沼市)

「むかーし昔あるところに」そんなフレーズが聞こえてきそうな古民家風の店内で食べる、昔がらの薪炊きのかまどで炊かれたコシヒカリは、実に旨い。雪国ならではの食文化にありつけます。
 

 

味菜庵(山梨県南巨摩郡身延町)

和紙の生産地、ホタルの生息地として有名な身延町で、、清流、富士川流域に伝わる郷土料理「おざら」と地元あけぼの大豆を使用した純正豆腐や白和えなどの田舎料理をご賞味下さい。
 

 

元祖 丁子屋(静岡県静岡市駿河区丸子)

歌川広重の東海道五十三次の主人公である弥次さん、喜多さんも立ち寄ったとされている丁子屋で、江戸時代の雰囲気を楽しみながら、丸子名物とろろ汁をご賞味下さい。
 

 

茶屋忠兵衛(岐阜県白川村荻町)

世界遺産白川郷にある周囲が田園に囲まれた合掌造りの母屋で、飛騨牛の朴葉味噌定食の食事は如何でしょうか。
 

 


                                                 このページのトップへ


 COPYRIGHT(C)2009 旅美人non.ALL RIGHTS RESERVED.